糖尿病を予防する食事にベストな宅配食サービス

糖尿病,食事,宅配食

  • HOME

糖尿病0003

患者数が年々増加の傾向にある糖尿病の予備軍には、「自分には何の自覚症状もないから、好きなものを食べて、適度な運動も必要だと思うけどできない」と考えている方々もいるでしょう。大抵は糖尿病予備軍で症状が出ることは稀なので、予防のための注意を払うことは少ないかもしれません。糖尿病の予備軍から境界型になってくると、からだの中では、すでに変化が起き始めています。例えば、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが血中での異常な変化を示すことは、糖尿病予備軍の段階から見受けられます。毎日摂っている食事については、3食それぞれ同じくらいの分量が理想的ですが、たいてい夕食を多く摂ってしまいます。忙がしくて、食事には20分の余裕をもって食べることです。そうした方が、血糖値の上昇を抑制できたり、満腹感が増し食べ過ぎを防止できるからです。仕事で時間が取れなくても、5分ぐらいで食事をしてしまうのは避けましょう。食物繊維には上昇した血糖値を下げる効果がありますので、より多くの海藻類・きのこ類を食べるようにしてください。ポテトやコーンには多くの糖質が含まれているので気を配ってください。糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。そのうち、日々の食生活や生活習慣の影響は大きく患者数の最も多いのが、「2型糖尿病」です。当初はほとんど自覚症状がなく、たいてい血糖値の高さにも気づきませんが、そのまま状態が進行し悪化するとやがて合併症を引き起こす要因となります。2型糖尿病は不適切な食生活が大きな原因になるため、食生活を見直さなければ治療へと進めません。糖尿病性の合併症に繋がらないよう体重や血糖を適正に保つ、併せて悪化へ導かないことも食事療法の目的です。インスリンの作用は年齢とともに低下するため筋肉への糖の取り込みが減少します。したがって、血糖値が上昇しやすくなります。食事の後は特に、ブドウ糖が一気に体内に吸収されるため血糖値が上昇します。血糖値上昇を防ぐ手段が「ベジタブルファースト」です。食事の際、野菜から先に食べる食事法です。食物繊維が多量に含まれたゴボウやキャベツなどの野菜は、効果として他の食品の消化吸収を緩やかにします。ご飯や麺類などの炭水化物に含まれる糖質をゆっくりと吸収するため、体内にブドウ糖が吸収されるのを和らげます。糖尿病というと、制限された食事と想像している患者さんが多数だと思います。ところが、糖尿病になったからといって、食べられない食品はほとんどありません。「食事療法」のための、通常とは違ったメニューがあるのではなく、個人に必要な総摂取エネルギーの範囲内で食べ物の栄養バランスを意識することが目的となります。この食事療法の考えは、糖尿病の患者さんへ向けた絶対条件というものではなく、常々みんなが意識して考えないといけないということです。年々増加する糖尿病は、上昇した血糖値を下げるインスリンとよばれるホルモンが上手に機能しなくなり、長期にわたって血糖値が下がりにくくなる病気です。糖尿病の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は血糖・体重・血圧・血清脂質の良好なコントロール状態を維持することで、糖尿病の合併症や動脈硬化症から派生するさまざまな病症からの回避につながり、病気に縛られない普段の生活や充実した人生をおくるようにすることです。適切な指導による食事療法などは治療の一環として、糖尿病合併症や動脈硬化症の発症・進行を防ぐことが可能となります。体内時計が乱れると2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。糖代謝や血圧・脂質代謝・睡眠や体温など、ほとんどの生理機能には日内リズムがあり、「体内時計」と密接に関わっています。「体内時計」は、日々の生活習慣で決まります。「体内時計を考えた栄養学」が「時間栄養学」とよばれています。栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、「食べるタイミング」といった体内時計の観点をプラスし、食事のリズムと機能性との関係について新しく研究する分野です。バラエティに富んだ食品から適量な栄養素を摂取することが、糖尿病の進行を予防する食事法でもあります。それぞれにふさわしいエネルギー量を超えることなく、調和のとれた食事摂取において「糖尿病食事療法のための食品交換表」を、日常的に取り入れることもできます。普段私たちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、その中に多く含有される栄養素ごとに、調味料と6つの食品グループと表に分類して、食品の重量を掲載していますが、その基準は1単位80kcalです。そうした食品交換表を参考にすることで、料理のメニューの参考にもなります。「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。毎食バランスを考えて摂り、ご飯を少なく摂ることが大事です。若い人が好む「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番不適切です。同様に「カツ丼とざるそばセット」なども好ましくありません。つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。そしてご飯は半分残しましょう」と、提言しています。「緩やかな糖質制限食」では、それほどカロリーを気にしないで、野菜・お魚・お肉といった食品もたくさん摂りましょう。1日の総摂取エネルギーに関して1600kcalがふさわしいとされているひとについては、食品のうち1日に交換できる単位が20となりますが、栄養素の種類がバランスよく含まれているかを考えて選ぶことが大切です。「食品交換表」には、食品だけでなく主な外食メニューも載っています。日常的に、カロリーや栄養素を把握しておくと便利です。薬物療法を行っている場合、食べものを摂るタイミングをしっかり意識しておかないと、状況次第では低血糖になるおそれがあるので注意が必要です。季節の変化を取り入れた献立作りや、外食の仕方をうまく取り入れながら、食事療法を上手に活用してください。
Copyright (C) 2014 糖尿病を予防する食事にベストな宅配食サービス All Rights Reserved.

Page Top